17歳のMIX犬の乳腺腫瘍にコルディを与え、元気食欲が回復し、穏やかな最期を迎えることができた症例を塩田動物病院より頂きましたのでご紹介します。

メールアドレスの入力だけで簡単にコルディ資料請求
コルディ電話TEL:048-474-0813
コルディメール相談

犬の乳腺腫瘍にコルディを使用した例

情報提供:塩田動物病院様

【乳腺腫瘍:コルディと抗生剤の併用】
犬種:Mix犬
性別:雌
年齢:17歳
コルディ使用期間:2016年8月31日~2016年12月25日

2015年11月16日に下腹部のシコリを見つけ、12月12日に腫瘍摘出。
2016年5月2日に再発し、ラリキシンの服用を開始。
6月1日に腫瘍の縮小が見られたが硬結感が出てきたため、引き続きラリキシンを服用、8月31日よりコルディの服用を開始した。
10月19日腫瘍の縮小が確認されるも、11月30日に自壊。
12月25日永眠。

【先生、飼い主様からのコメント】
食欲低下が見られていたものの、亡くなる3日前まで食事は取れていた。

苦しむこと無く、穏やかな最後を迎えさせてあげられるお手伝いができたのではないかと思います。

【弊社から一言】
17歳というご高齢にも関わらず、腫瘍と良い意味での「共存」が出来たのではないかと思う一例です。

ご年齢的に手立てがない、何もしてあげることがないと見放されてしまっても、コルディや食事の見直しなど免疫対策をすることで、余生を穏やかに過ごすことも可能な時代になってきました。

積極的治療ではなく、緩和治療にも目を向けていただくと、新たな道筋が見えてくるかもしれません。

免疫対策をして穏やかに過ごす

高齢のペットさんの場合、必ずしも手術や抗癌剤など身体への影響が大きな治療を行うよりも、コルディで免疫を整え食事を見直したり、必要な栄養を与えたり、環境を見直すなどすることで、癌が治らなくても穏やかな日々を送ることができるケースは少なくありません。

コルディのご相談やご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

メールアドレスの入力だけで簡単にコルディ資料請求
コルディ電話TEL:048-474-0813
コルディメール相談

乳腺腫瘍の症例報告
乳腺腫瘍の関連記事
お食事について